企業の評価を確かめる

企業が顧客からどう見られどの様な評価を受けているかを知るのには顧客満足度調査をするがあります。 あくまでも客観性を重視する為には第3者を通してアンケートや電話ヒアリング、覆面調査等があります。 企業イメージ向上や商品や社員の接客対応、トラブル対応の様に商品、サービスそのものの評価よりも販売後やクレーム、トラブル時の時の対応を行っています。 アンケート以外に顧客満足度調査は普段の業務上の実体を知る上で色んな手法が使われています。 会員友の会の向上委員長、ご意見箱の店内設置とネット開設、POSによるカード顧客買上げ購買履歴分析により会員顧客に嗜好、買物行動のパターンを知る事で顧客満足度調査を予測して行きます。 アンケートの様に質問項目や選択式に見られる誘導型質問でバイアスがかかってしまい兼ねない事例もあります。顧客満足度調査はし日常の接客や調査と分からないやり方を取り込む事をしています

顧客満足度を知る上で顧客満足度調査は顧客の意見やクレームは大事な意見となり企業が更に向上を目指して行く上で必要不可欠な行為となります。 電話、顧客グループインタビューや座談会形式の意見交換会があります。近年ではメーカーが小売店を通し自社工場見学つあを開催し商品の造られる工程を直接見て頂く事により会社をよく知って貰う事がファン作りになり購買へと繋がってて行く効果を狙っています。 POSデータの顧客カード利用の購買履歴データは 明細データを全て保有し分析が可能となり顧客満足度調査からは見えない顧客の姿が見えてきます。 顧客の購買金額によるランキングによる購買頻度や自社商品のリピート率や関連購買の商品が見えてきます。其れを販売促進や売上キャンペーンを企画して来店頻度を増やす事となり売上向上を実現する事が可能となります。